ちょっとボケたドラえもんとちょっと冷静なのび太くんによる             ナイスな4コマ漫画を連載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




『バッジ製造カメラ』
被写体を適切に切り抜き様々な形状の
バッジを作成することのできるカメラ。
加熱すると縮むプラスチック的な板と
切り抜き処理と切断部と加熱部、
そしてバッジの部品を取り付ける部分を
内蔵することができれば
現在の技術でも(大きさはともかく)
実現できそうな道具である。
22世紀では優秀なバッジを作った者には
ジムと呼ばれる建物が与えられ
変な小動物を飼って
自由気ままに生活する権利が手に入るらしい。


テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック




『ここほれワイヤー』
地中に存在する価値のある物の場所を調査するときに用いるワイヤー状の道具。
巻き取られたワイヤーを首からかけ、擦ることによって作動する。
ワイヤーは埋まっている物の輪郭を表す形に変形し、
最後に矢印状になり埋まっている場所を示す。
擦る量によって索敵範囲が広がる。
人間の五感以外の反応を道具によって増幅させるダウジング技術の応用で、
特殊なコーティングが施されたワイヤーが第六感的反応を受け、
より強く正確に反応するようにした道具である。
この特殊コーティングを使った回路によって
触れただけで環境に応じて様々な動作を機械にさせることが可能となった。
特に緊急時における脱出用装置の性能は上昇し、生存率の大幅な改善に繋がった。




テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック




『四次元三輪車』
未来の世界の三輪車。
異次元ギア比技術を用いて、
少量の力で高出力のトルクを生み出す機構が搭載されている。
駆動部と共にダイナモにも接続されており、
目覚ましや追尾機能、四次元空間移動機能の電力を賄っている。
高エネルギー変換効率と高速度を実現したが、
二輪で扱える人間がいなかったため三輪にしたのが災いし、
デザインの悪さから出荷数は伸びなかった。



テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック




『ばっ金箱』
罰金を自動徴収する自律自走式特殊貯金箱。
周囲の人間の悪事を感知し、
それに似合う罰金を自動で徴収する。
徴収の妨害をされると発熱し、
触れられないほど高温となる。
未来の世界では禁煙区域や飲食禁止区域などに
数多く放たれており、
軽犯罪を防ぎ治安維持を行なっている。




テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック



元ネタ


『フエルミラー』
映しだした左右対称の物体を複製することのできる鏡型の道具。
スイッチがあったり手鏡型だったり形状はハッキリしない。
向こう側から勝手に自分の複製が出てくる上、
向こう側の世界は暇だと言うところから
入りこみ鏡のような鏡面世界があるわけではないようである。
元々自立型の兵器とセットで敵地に送り込み、
勝手に増殖をして侵攻を行うための装置として
開発されたとかされていないとか。
安全性を考慮した民生機が普及し、
食料不足などの問題が解決されたかに見えたが、
2112年に改正された貯蓄権法により
フエルミラーによる貯蓄物の私的複製が禁止された。
第一生産者を保護する名目で改正が行われたが、
その実は貯蓄権団体を保護するためだと言われている。
改正の根拠の一つであるレーゾーコ協会によるアンケートで
違法複製等は年間43兆件、6683京円の損失という集計が
実は違法複製"等"であり、
自給自足の物も含まれていると問題となった。



テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック

最近の記事

最近のコメント

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

登場人物紹介


ドラえもん
ご存知主人公だが
この4コマだと特にボケ役
道具の説明役であったりもする
何故か黒目が無い


のび太
つっこみ担当だがときどきボケる
4コマの性質上結構物知り
しかしヘタレ具合は変わらない
何故か目が無い


ジャイアン
イジメ役兼被害者役
ほとんど出番が無い
バットが友達
何故か目がいつも怒ってる


スネ夫
第二被害者役
金がらみで出てくる可能性が
俺のこの手が真っ赤に(ry
何故か目が宇宙人


静香
癒し系担当では無い
出番はまったく無い
一応紅一点
何故か目が隠れてる


出木杉
天才役
しかし出る予定は無い
一人だけ苗字
目なんて飾りです偉い人には


先生
学校に無くてはならない存在
本名は「先生英一郎」を推したい
今や廊下に立たせる先生も珍しくなった
何故か道でのエンカウント率が高い

プロフィール

  • Author:真改
  • アニメ好きの馬鹿

    このブログは個人のブログです。

    藤子プロダクション及び小学館とは
    何の関係もありません。

最近のトラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。