ちょっとボケたドラえもんとちょっと冷静なのび太くんによる             ナイスな4コマ漫画を連載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『ネコシャクシウイルス』
ネコシャクシウイルスは人に感染して感染症であるネコシャクシを起こすウイルス。
流行性ネコシャクシビールス或いは
流行性ネコシャクシウイルスと呼ばれる事があるが、
ネコシャクシの和名、流行性感化と混同した誤った呼称。
ネコシャクシはインドの医学者ダルマモ・シッダールタによって
発見された感染症。
21世紀初頭、炎上騒乱と呼ばれる集団感化行動が多発。
その様子があまりに病的だったため調査した結果、
ウイルス性の症状による物だと判明した。
ウイルスの形状が物理学者ネコシャ氏の書くギリシャ文字クシー(Ξ)に似ているため
ネコシャクシウイルスと命名され病名もネコシャクシとなった。
通常のウイルスとは異なり、
情報という概念を転写して自己増殖や変異を行う性質があるため
数多くの亜種が存在し、22世紀現在でも有効なワクチンの開発は進んでいない。
発症しても命に別状は無く、一定時間経てばウイルスは体内で死滅してしまうため
ワクチンの開発は必要ないのではないかという指摘もある。


スポンサーサイト

テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック




『夢遊行動防止抑制装置(ムユウボウ)』
杖のような棒状で先端にマイクが付いている道具。
寝ている人に向けてマイクに命令する事で寝ている人を操る事ができる。
元々は夢遊病で徘徊する人に対し寝るように促す装置として開発された。
今では逆にリハビリ患者が寝ている間に負担無くリハビリを行わせるという利用もされている。
悪用が可能なため所持や使用には医師免許による認証が必要な上、
年に一度の使用履歴と所持数の報告が法で義務付けられている。
そのため一部例外を除き一定以上の規模の病院にしか存在しない。


テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック

最近の記事

最近のコメント

ブログ検索

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

登場人物紹介


ドラえもん
ご存知主人公だが
この4コマだと特にボケ役
道具の説明役であったりもする
何故か黒目が無い


のび太
つっこみ担当だがときどきボケる
4コマの性質上結構物知り
しかしヘタレ具合は変わらない
何故か目が無い


ジャイアン
イジメ役兼被害者役
ほとんど出番が無い
バットが友達
何故か目がいつも怒ってる


スネ夫
第二被害者役
金がらみで出てくる可能性が
俺のこの手が真っ赤に(ry
何故か目が宇宙人


静香
癒し系担当では無い
出番はまったく無い
一応紅一点
何故か目が隠れてる


出木杉
天才役
しかし出る予定は無い
一人だけ苗字
目なんて飾りです偉い人には


先生
学校に無くてはならない存在
本名は「先生英一郎」を推したい
今や廊下に立たせる先生も珍しくなった
何故か道でのエンカウント率が高い

プロフィール

  • Author:真改
  • アニメ好きの馬鹿

    このブログは個人のブログです。

    藤子プロダクション及び小学館とは
    何の関係もありません。

最近のトラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。