ちょっとボケたドラえもんとちょっと冷静なのび太くんによる             ナイスな4コマ漫画を連載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ももたろう

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。
毎日、おじいさんとおばあさんは川の近くにある
コインランドリーへせんたくに行っていました。(※1)
ある日おじいさんとおばあさんがコインランドリーへ行くと、しんせきに会いました。
しんせきは、親がいない子どもが行くところがないことをなやんでいました。(※2)
おじいさんとおばあさんには子どもがいなかったので、
うちでひきとることにしました。子どもは女の子と男の子で「もも」と「たろう」と言いました。(※3)
ももとたろうはおばあさんのつくるごはんをたくさん食べて、元気に大きくなりました。

ももとたろうはあっというまに大きくなって、力もちでかしこくなりました。
ある日、遠いところに住んでいるおじいさんの兄が家にきました。
兄はおじいさんにお金をもらうと帰っていきました。
ももとたろうはあの人は誰かとたずねるとおじいさんはこう言いました。
「仕事に失敗してから働かず、お金がなくなってはかりにきてかえさない。なんとかならないものか」
そこでももとたろうは兄たいさくのため、おじいさんの兄のところへ出かけることになりました。(※4)

ももとたろうが旅に出るとき、おじいさんとおばあさんは
レーションとのみ水ろ過そうちをももとたろうにもたせました。(※5)
ももたろうは、道のとちゅうで犬に出会いました。
「わんわん」と犬がほえました。(※6)
おなかがすいてそうだったので、ももとたろうは犬にレーションをあげました。
するとももとたろうのうしろをついてくるようになりました。
ふたりでは不安だったので、犬にも兄の家へ来てもらうことにしました。

ももたろうと犬は浜辺につきました。
そしてフェリーに乗り、兄が島(毒島)へ行きました。(※8)
兄が島につくと、兄のすんでいる家へむかいました。
兄の家でももとたろうは大声でさけびました。
「あなたの弟にお世話になっているももとたろうだ。おじいさんを困らせるのはやめろ」
兄は家の前でおおごえをだされては近所の人に変な目で見られるとももとたろうを家にあげました。
そこで話し合いの結果、兄が失敗した仕事をももとたろうがやりなおし、兄にかんりをまかせることにしました。
兄は「かりたお金はおかえしします。たのもしいなかまもできてうれしい」とあやまりました。
犬はかい主があらわれたのでひきわたしました。

こうして、ももとたろうはかしたお金をもって家へ帰りました。
しんぱいしていたおじいさんとおばあさんも、ももとたろうの大てがらをたいそうよろこびました。
それからももとたろうはおじいさんとおばあさんにしおくりをしながら
兄とはたらきといつまでもしあわせにくらしました。
めでたしにかぎりなくちかいなにか。(※9)


※1 2099年の男女共同参画社会会議で
「ももたろうでおじいさんが芝刈りに行き、
 おばあさんが洗濯に行くというのは
 男女共同参画の精神に反する」として
日本昔話協会へ意見があったため
おじいさんとおばあさんが一緒に洗濯へいくよう
表記が変更された。
また、川で洗濯をするという表記も
水質汚染を推奨する表記であるとして
コインランドリーに変更された。

※2 2111年のトーキョーシティ青少年健全育成条例改正で
全年齢向けの書物で性行為を連想させる表現があった場合
有害図書指定される事になった。
「桃から子供が生まれる」という表現は
「桃を食べた老夫婦が性行為を行う」という暗喩であるとして
ももたろうは2111年6月に有害図書指定をうけ全て回収された。
成年向けとして出版するか表記を変更するかの選択をせまられ
日本昔話協会は子どもは親戚から預かるという表記に変更し
改めて全年齢向けとして出版した。

※3 2109年に大和ユニセフ協会が
「男の子だけが物語に登場するのは、
登場していないところで女の子が搾取されているからだ。
このような物語を認めているのはG11内で日本とロシアだけだ」
というような声明を出し、PTAや弁護士団体から3万もの署名が
日本昔話協会へ提出され、ももたろうに女の子も登場させることとなった。
男の子の名前を「たろう」、女の子の名前を「もも」とすることで
ももたろうというタイトルの整合性を計った。

※4 2113年に制定された人権擁護救済法により設置された
人権擁護救済委員会へ、2114年に
「昔話に出てくる鬼は外国人のことで、退治をするという表記は人権侵害だ」
という意見が寄せられ、同委員会は即日その意見を受理、
鬼の出てくる物語は全て人権侵害を助長しているとして表記の変更を迫られた。
当初拒否していた日本昔話協会元会長は、令状無しの家宅捜索が行われ
児童買春の疑いがあるとして逮捕された。
その後就任した日本昔話協会会長が容認したため、ももたろうに登場する鬼は
おじいさんの兄へと変更され、退治ではなく和解が目的となった。

※5 2111年に浪費者庁が吉備団子を児童がのどに詰まらせて
窒息死している事件が多発しているとして(13年間で22件)
「吉備を用いないか1cm角以下のサイズにしないと流通を認めない」とした。
それに対し岡山県吉備団子組合は猛反発。
「吉備が無ければ吉備団子じゃない」「1cm角以下では歯ごたえが無い」
と抗議をしたが浪費者庁の意見は覆らず、吉備団子は一部地域で
手作りで残る以外消滅した。
それにあわせ一般的でなく児童に危険を与える吉備団子を
ももたろうに持たせるのは不適切として、
旅に必要なカロリーと水分を摂取できるように
レーションとろ過装置を持たせることにした。

※7 2085年にももたろうを読んで10歳の少年が
吉備団子を犬に無理やり食べさせ死亡させるという事件が起きた。
少年は「ももたろうで犬が日本語を話すと知った。
吉備団子を食べさせればしゃべってくれると思った」と供述し、
少年は書類送検されたが、この事件を発端とし
倭動物愛護協会が
・昔話と言えど、動物が言葉を話すのは教育上も良くない。
・吉備団子ひとつで鬼退治などという危険を伴うことをさせるのは虐待である。
・雉は野鳥保護条例で申請が無い状態で所有すると罪になる。
・猿は危険な病原体を持っていることがあり、むやみに接触する描写は良くない。
との主張をまとめ日本昔話協会へ提出した。
話し合いの結果、猿と雉は登場させず、犬だけを登場させて
戦うのではなく、あくまで場を癒すペットとして扱う事として合意した。

※8 2152年、東日本隣国海にある兄が島のモデルとなった兄島が
大隣民国に不法占拠された。
大隣民国は自国の領土であることを主張し、
付近の海域で日本海上特別戦略隊の船舶と漁船が衝突するなど
日本と大隣民国との関係が緊迫したものとなった。
その後、日本で兄島を取り上げるメディアは
大隣民国での名称<毒島>と<兄島>の両方を併記する慣習が生まれた。
日本昔話協会はモデルになった島であり、ももたろうに登場するのは
兄が島であると併記していなかったが、
大隣民国のサイバーF5戦闘機による日本昔話協会本部の
サーバへのネットワーク攻撃が繰り返し行われたため
急遽、毒島との併記を行うこととした。

※9 日本昔話協会現会長 春原宗吾氏が
「いくら勧善懲悪と言えど、悪の側からしてみたら必ずしもめでたくない」
と持論を展開し、「めでたしめでたし」という無責任な表記を批判。
日本昔話協会が管理する物語の全ての「めでたしめでたし」を
「めでたしにかぎりなくちかいなにか」に変更した。
この決定は日本全国に衝撃を与え、
その年の流行語大賞に選ばれるなど社会現象にまで発展した。

ももたろう (22世紀出版 12版93刷)




『おはなしバッジ』
身に付けることによって昔話を疑似体験することができるバッジ型の道具
ももたろうやうらしまたろうなど有名所の物語が用意されており、
未来の世界の幼稚園で流行しているらしい。
安全は保証されており、全て未来の世界のスタッフが準備を行う。
また、ビデオカメラも回っており"はじめてのおつかい"的な用途として
親御さんなどに好評の道具である。
未来の世界の昔話は上記のとおりなので、
セワシくんがのび太に持ってきてくれたのは
21世紀モデルの限定版である。



スポンサーサイト

テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック






『30分できく毛はえぐすり』
頭皮に散布することによって30分で数十センチの髪の毛が生える薬品。
主要成分はファイナルステリドとミラクルキシジルで、
22世紀保険庁が認めている数少ない発毛を促す成分である。
ミラクルキシジルは国内では一社が独占販売しており、
外国の同成分量の製品の約3倍の値段で取引されている。
個人輸入も可能だが国の制限によりひと月に1個の輸入しか認めれていない。
ファイナルステリドは内科などで処方してもらえるが、
保険がきかず、特許が2219年まで続くためジェネリックも存在しない事から
一般消費者にはかなりの負担である。
特許を無視した国によって製造された脱法ジェネリック製品も存在するが
それを使用するかは自己責任である。(ただし価格が1/10と魅力である)





テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック






『ソウナルじょう』
中枢神経を刺激し、興奮状態や幻覚作用により
全能感を得るための薬物である。
主成分はアンツブコシタミンで脳神経系に作用し
心身の働きを一時的に活性化する。
躁状態に近い症状が出るため、『躁成錠』と呼ばれている。
依存性が高いことから23世紀初頭に
ソウナルじょう取締法により製造所持販売が規制された。
強い幻覚作用があり、一歩も外に出ていないにもかかわらず
宙を泳ぎ、そのまま外へ出て仲間と一緒に遊んだと
一切疑いもせずにいた事例がある。
また、副作用として全身の肌に炎症が起き、
赤色、またはメラニン色素が皮膚表面に沈着し黒色になり、
お湯などに対し強烈な痛みを伴う事がある。




テーマ:ドラえもん - ジャンル:アニメ・コミック

最近の記事

最近のコメント

ブログ検索

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

登場人物紹介


ドラえもん
ご存知主人公だが
この4コマだと特にボケ役
道具の説明役であったりもする
何故か黒目が無い


のび太
つっこみ担当だがときどきボケる
4コマの性質上結構物知り
しかしヘタレ具合は変わらない
何故か目が無い


ジャイアン
イジメ役兼被害者役
ほとんど出番が無い
バットが友達
何故か目がいつも怒ってる


スネ夫
第二被害者役
金がらみで出てくる可能性が
俺のこの手が真っ赤に(ry
何故か目が宇宙人


静香
癒し系担当では無い
出番はまったく無い
一応紅一点
何故か目が隠れてる


出木杉
天才役
しかし出る予定は無い
一人だけ苗字
目なんて飾りです偉い人には


先生
学校に無くてはならない存在
本名は「先生英一郎」を推したい
今や廊下に立たせる先生も珍しくなった
何故か道でのエンカウント率が高い

プロフィール

  • Author:真改
  • アニメ好きの馬鹿

    このブログは個人のブログです。

    藤子プロダクション及び小学館とは
    何の関係もありません。

最近のトラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。